官房長官の発表から、与野党間での問答やマスコミの偏った報道、民衆のデモ等いろいろありますが、補正予算も閣議決定され、コロナ禍を発端とする一律給付が間もなく行われようとしています。

支給時期など要点すべてが出揃った訳ではありませんが、自治体から届く郵送物に必要事項を記入し、返信する事で受け取れるという大きな流れは決まっています。

さて、今回はその10万円の使い方について考えてみました。

もちろん一つの案ですし、人様の財布についてどうこう言うつもりはありません。

らいおん自身が効率的かなと思える使い方について述べたいだけなので、読み物としてお楽しみください。

10万円は使えば無くなる

生活に困窮している方、選択の余地なんて無いでしょう。

すぐに必要な食糧や消耗品、衣類を購入し家賃の支払や水道光熱費・電話代を支払う事になります。

もちろんこれはこれで国内で消費をしたという事になり、政府の狙いとする経済対策になります。

立派な貢献です。

しかし、10万円は使えば無くなります。

何とか使っても無くならない方法は無いか・・・ 考えました。

お米は買うものではなく貰うもの

そうだ、、、貰おう。

買わなければお金は減らない。

あの制度を利用してお米をタダで貰おう。

お米だけではなくあれだけ騒がれたのに幻となってしまった和牛もゲットしたい。

ふるさと納税を思い出せ!

Twitterを見ていると、庶民たちが10万円の使い道について考えている。

使い道を見てると割と楽しそう。(お前ら本当に困窮してるのかと思う)

らいおん調べで一番多いのは、やはり「貯金」だと思う。

次いでパソコンやスマホ等のデバイス。

中には投資に回すって声もチラホラ。

ガチャに使う!なんて人も居た。

やっぱり困窮してない。

まぁ、それはそれで良いんです。

何故なら、今回の一律給付は貧困対策じゃなくて経済対策だから。

もちろん貯金も貯金で良いんだけど、経済は回らない。

貯金を兼ねつつ、経済を回す事が出来る方法は無いか??

あるじゃないか!ふるさと納税だよ!!

ふるさと納税は税金の先払い

みなさん!ふるさと納税って言葉はさすがにご存じだと思います。

始めて聞いたって人は流石に今までどうやって生きてきたのか教えてほしい。

そんな残念な方にも解る様に説明すると、ふるさと納税ってのは住民税の先払いって事。

ふるさと納税 図解
出典:ふるさとチョイス

確定申告をするかワンストップ特例(後ほど説明)を利用するかによって控除される税目は異なるけど、寄付金額から2,000円を控除した額が今後納めなければいけない税金から控除されるって事です。

住民税ってのは所得税よりも徴税が遅れてきます。

サラリーマンの場合、令和2年分の所得に対する住民税は令和3年の6月以降~令和4年5月までの1年間をかけて徴収します。

社会人一年目のサラリーマンの給与明細に住民税の控除が無いのは、前年の所得が無いから(大学生だったから)。

プロ野球選手なんかが辞めた次の年に税金で破産したりするのもこの徴税の遅れなんですね。

もう一度言うと、ふるさと納税ってのは住民税を「寄付」という形で好きな自治体に先払いする事なんです。

つまり、令和2年中にふるさと納税をする事で令和3年に本来払う事となる住民税が少なくなるって事。

ふるさと納税と返礼品と返礼率

ふるさと納税でアマギフや商品券をゲットしてやろうと企む様な目ざとい君たちには説明は必要無いかもしれないけど、ふるさと納税の多くには自治体からの返礼品がセットとなります。

返礼品の返礼率はおおよそ上限3割。

つまり、1万円の寄付に対して3千円相当のお返しがあるって事です。

ふるさと納税の返礼率に上限があるのは、上限が無かったら寄付の奪い合いになっちゃって自治体にうまみが無くなってしまうから。

それでも、およそ3割も返ってくるならやらない手はないよね!

なんといっても、ふるさと納税は投資ではなく税金の先払いだから、ほんの少しの手数料みたいなもの(控除される2,000円分)で返礼品をゲットできる。

10万円の寄付をすれば、返礼品で3万円弱のプラスが生まれるね。

ワンストップ特例制度
出典:ふるさとチョイス

ワンストップ特例制度を利用すると、確定申告をしなくても翌年の住民税から控除してくれる!

制度を利用する為には1年間の寄付自治体が5カ所以内である事が条件になる。

これを4年繰り返すと

ここまで読んで貰えばもうわかると思うけど、貰った給付金で税金を払っているだけで3万円弱の返礼品が貰えてしまった。

もちろん単年でも効果は大きいけど、この方法は制度が続く限り再現が出来るって事にも注目したい。

今年ふるさと納税を行う事で、来年の給料から天引きされる住民税が減る訳だから、手取りが増える。

手取りが増えた分を、来年のふるさと納税に回す事が出来る。

4年も繰り返せば、ほら返礼品価格で10万円が倍になったよ!

ふるさと納税をする時の注意点

最後にふるさと納税をする時に一番気をつけなければいけない点を説明します。

それは、寄付のし過ぎ。

ふるさと納税には控除限度額があり、適正な寄付額には収入額や扶養状況により個人差がある。

引けない寄付はただの寄付。って言葉もある。

おおよその寄付限度額は次のとおり。

シミュレーション

もう一つ注意点があるんだ!

もちろん、寄付は幣ブログ「らいおんちゃんはまとめたい」のバナーからだよ!

らいおんちゃんとの約束だよ!!

最後までお読み頂きありがとうございました。